薄毛に効く薬:その2

薄毛に効く薬:その2

 

以前髪を痛める行為で髪にいい薬、育毛剤ではない飲み薬があるということを紹介しました。

 

そんな薬があるなんて知らなかった!というような声を聞いてちょっと驚いていました。
でもその他にも育毛剤ではない薬というのも存在するんです。
なのでその薬の詳細、手に入れ方などをここでは話していきます。

 

ミノキシジルという物質

その物質がミノキシジルというもの。育毛剤にもよく含まれてるので詳しい人は聞いたことあるかもしれないですね。
このミノキシジルは血管をぐっと広げる作用があり、それで頭皮の毛細血管を広げてやるのが目的になっています。
薄毛というものの原因の一つに栄養が回ってない、ということがあるのでそれの手助けをしてやるんです。

 

この効果というのがなかなか高く、大正製薬の実験データではミノキシジルを使用した人の90%に薄毛改善の効果が出てきているということ。
完全に復活となると少ないですが軽い改善程度ならかなりの確率で起こるだろうということです。

 

以前紹介したプロペシアもそうですが治療のガイダンスでは最高ランクのおすすめをされてるくらいの成分なんです。
その推奨度によってAからDまでランクつけされてるんですがこのミノキシジルは堂々のAランク。
ちなみに人工植毛は最低ランクのDランクです。

 

飲み薬タイプ、塗り薬タイプなどなどいろんな形状があるんですが塗るタイプだと生え際にはそれほど効果が大きくないので注意。
生え際にはポラリスのほうが効果的なので使い分けていくといいでしょう。

 

注意点

そんないいことばかりに思えるミノキシジルでえすが実は副作用なんかもあります。
それがニキビの発生や体の異常です。

 

実際にこういった副作用も報告されていてwkipediaなどでも省令や事件内容が解説されています。
頭皮のかゆみが最もよくある症状らしいので使ってる育毛剤でかゆみが発生するようならすぐに中止したほうがいいでしょう。

 

2009年に大きな事件が起こってからは薬事法も貝改正されて法律のほうも強化されています。
大きな事件があったとはいえ育毛剤などに使われるのが禁止されたわけではないので違法ではありません。
ただ使用は一応自己責任でお願いいたします。

 

育毛剤では裏の成分表にミノキシジルが含まれてるならしっかりと表記してあるのでそれを参考にするといいでしょう。
安全性を前面に打ち出してるものが多いのでそのあたりを中心に探すといいですよ。